【無想転生】今こそ覚醒の時

歩かない?ドラクエウォーク生活
閲覧ありがとうございます。
なんといいますか、最近はゲームの内容よりも端末本体をいじる内容ばかり
書いているような気がする今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
休みの前日、いつものように酔い潰れ、早朝にひとつメモがてらに書いていきます。

過去に無想転生した端末をアップグレード

以前、コスパに優れた端末ということで、
Google Nexus5 という端末の記事を書きました。過去記事は コチラ
こちらの端末、その後使うことがないままになっていたのですが、
実は当時3台購入しておりまして、1台は親父のケータイとして復活。
残り2台はお蔵入りという状態だったのですが、先日、とある方面から
ポケモンGOでできるの?という話になり、早速テストしてみたわけです。
ドラクエウォークは問題なく稼働している状態なので、普通に考えれば
ポケモンGOをダウンロードしてくればいいだけでしょ、
なんて思ったら、予想外なことにログインの認証が通らないという問題が発生。
切り分けテストとして、手持ちの新しめの端末にインストールしたところ、
普通にログインができたので、アカウントに問題があるわけではない模様。
となると、ログインができた端末と比べて思い当たる部分といえば、
Androidのバージョンが、かたや6.0.1、成功した端末は10であるということ。
バージョンが古いことが影響している可能性が高いのでは?と考え、
「Nexus5 Android10」なんてキーワードで検索を開始であります。
出てきますね。結構。やり方のサイトも見つかりました。
ある程度のヒントがあるということで、早速作業開始であります。

Google Nexus5をAndroid10にアップグレード

今回は実際の手の動きを再現できるように書いておきます。
というのも、何度かつまづいた場面があるので、もう1台端末があることもあり
忘れないように、なによりも自分の為なんですけどね(苦笑)。
まっさらな状況からと過程します。
ちなみに、この端末の場合、最悪の事態(文鎮化)になってしまっても、
個人的には復旧する手立てがあることからちょっと安心できるのがいいですね。

PCの環境整備

いわゆる、ADB環境の整備(Android Debug Bridgeの略らしい)から。
何種類かやり方があるわけですが、とりあえず簡単にできる方法として
「Minimal ADB and Fastboot」というツールで仕込みます。ここから落として、インストールすれば環境整備は完了。
詳細についてはいろんなサイトがありますので、画像付きで解説はここでは割愛します。

 

OEMロック解除

まず、端末にセキュリティのロックをかけている場合は全部解除しておきましょう。
続いてブートローダーアンロックという作業。
端末の設定の端末情報→ビルド番号を連打して開発者オプションを解放。
開発者オプションの中のメニューで、USBデバッグをONに。
PCとケーブルを接続します。この端末を信用する?的な確認が出たら
チェックを入れてOKしちゃいましょう。PCでコマンドプロンプトを起動します。
Windowsメニューの中の Windows システム ツール の中にあります。
コマンドプロンプトで adb reboot bootloader と入力してEnter。
端末が勝手に再起動され、FastBootModeで起動されます。
Nexus5ではロボットの絵の画面が表示されているはず。
FastBootModeは端末の電源が落ちた状態から、電源とボリューム「-」を
同時に長押しすることでも起動可能。FastBootModeが起動したら、
続けて以下のコマンドを実行するのですが、
ここで重要なことなんですが、ロック解除するということは、
端末のデータがまっさらになるので、大事なデータがある場合は
事前に退避が必要になります。もしデータバックアップが
必要になるようであれば、後述する「Nexus Root Kit」あたりが
楽なのかもしれませんね。ここが必要な方は自分で調べてください。
また、メーカーの保証を受けられなくなるということになるので、
このリスクを受け入れた上で進めていくことになります。ここ重要。
fastboot oem unlock
アンロックする?と聞いてくる画面になるので、ボリュームキーで
Yesに合わせてから電源ボタンをプッシュ。
これでロック解除完了となります。

必要なアプリのダウンロード

手始めにTWRPという、リカバリソフトを端末に仕込む必要があるのですが、
今回の「Android10へアップグレード」という場合は2種類のTWRPが必要になります。
元々入っているAndroid6と10のOSの容量が違うことが理由みたいですが、
まずはOSが格納される枠の設定を変更して、10が導入できるようにする必要があります。
ここで、今後必要になるTWRPのアプリ以外も全てまとめて落としてしまいましょう。TWRP2種類
twrp-3.3.1-2.0GB-HH.zip パーティション変更の為の専用のTWRP
twrp-3.3.1-0-hammerhead.img 最新じゃないけどなんか不安で少し前の入れました
パーティション変更アプリ
hh_repartition to 2go.zip
Android10のOSアプリ
crDroid for Nexus 5 crDoroidのバージョンに注意。Andoroid10だとcrDoroid6です
Googleアプリ
Android 10用のGoogla Apps 3種のメニュー、ARM・10.0・Nanoでダウンロード
Magisk
Magisk v23.0
GPS Joy Stick
gpsjoystick-unlocked-arm64-v8a.apk
ラバーバンド対策
SmaliPatcher
落としたアプリは全てひとつのフォルダにまとめておくといいですね。

パーティション変更

まずはディスクパーティションの変更処理から。
端末をファイル転送モード(MTP接続)にしましょう。
PC側で、Nexus5の端末が独立したHDDのように表示されてなかったら、
開発者オプション→USB設定の選択→MTP(最初から選ばれている時でももう一度タップ)
これでPC側に出てくるはずです。出てきたら、端末のフォルダが見れるようになるので、
Downloadフォルダに「hh_repartition to 2go.zip」をコピーしておきましょう。
TWRPを端末に仕込む作業をします。
「twrp-3.3.1-2.0GB-HH.zip」を格納しているフォルダ内のなにもないところで
「Ctrl」キーを押しながら右クリックすると、
「Powershell ウィンドウをここで開く」というメニューが表示されるので選択。
少し見た目が違う、先ほどのコマンドプロンプトの画面が出ます。
adb reboot bootloader で端末をFastBootModeに。
「fastboot flash recovery 」(最後末尾半角スペース込み)をコピーして貼り付け、
そのあとに、フォルダに置いてある「twrp-3.3.1-2.0GB-HH.zip」を
プロンプトの画面にドラッグ&ドロップすると、
「fastboot flash recovery twrp-3.3.1-2.0GB-HH.img」となるはずなので、Enter。
あっという間に終了するでしょう。
端末のFastBootModeの画面で、音量キーの上下で「Recovery mode」を選んで
電源ボタンを押すと、先ほど仕込んだTWRPというツールが起動します。
「Install」メニューをタップ、「/sdcard」フォルダ内の「Download」をタップ。
「hh_repartition to 2go.zip」を選択して、インストールを実行します。
インストールが完了したら、TWRPの画面を一番上のメニューまで戻ってから
「Advanced」→「Terminal」をタップ。表示された画面に「modify」と入力する。
これで、インストールした「hh_repartition to 2go.zip」の「パーティション変更」が
実行されることになります。

Android10のインストール作業

続いてAndroid10にOSを乗せ換える作業に入ります。
ここでのポイントは、先ほど導入したTWRPのままではインストールが
うまくいかないという点。自分のつまづきポイントでした。
後述しますが、ここがわかるまで何度も何度も作業を繰り返していました。
改めて、TWRPを焼き直しします。
Powershell ウィンドウが起動していなかったら起動。
先ほどと同様の手順で、今回は「twrp-3.3.1-0-hammerhead.img」を選択します。
導入が完了したら、一番最初の画面に戻り「Reboot」→「System」をタップ。
保存して再起動しますか?的な、画面下部を左から右にスワイプすると
再起動されます。このスワイプするという閉じ方なんですが、このあとの作業では
これをやってしまうとOSがうまく立ち上がらないという重要ポイントです。
ここでも手順がわからず、解決に少し時間がかかってしまった部分ですね。
端末が再起動したら、改めてMTP接続をして、PCから残りのファイルを転送します。
crDroid for Nexus 5
Android 10用のGoogla Apps
Magisk v23.0
gpsjoystick-unlocked-arm64-v8a.apk
SmaliPatcher再び端末をFastBootModeで起動し、TWRPを起動しましょう。
「Install」から、「crDroid for Nexus 5」をインストール。
(lineage-17.1-20201231-UNOFFICIAL-hammerhead.zip)
続いて「Android 10用のGoogla Apps」をインストール。
(open_gapps-arm-10.0-nano-20211118.zip)インストールが完了したら、
端末を再起動するのですが、この際の
超重要ポイントが、TWRPを終了する際にスワイプをする終了をしないこと。
これで再起動すると、起動画面から進まなくなります。
スワイプではなく、画面中央の「Do not install」をタップしましょう。
これで、初回起動は少し時間がかかりますが、Android10としての
アップグレードが完了となります。

いよいよ本題、「無想転生」の仕込み

大まかな手順としては、「Magisk」「GPS Joy Stick」「SmaliPatcher」を
それぞれ仕込んでいく作業となります。ここからの作業ですが、
ここまで書いてきてなんなんですが、以前もご紹介させて頂きました
勝手に先生とお慕いしております「パウエル先生」のサイトで
あとの流れが画像付きで全て解決できるということで、そちらを
確認して頂ければ問題なく動作するところまでいけるはずです。
事前に直リンクのご連絡を差し上げたいところなのですが、
Ameba登録をしていないもので、この場を借りて感謝申し上げます。
尚、先生の以下の記事は、自分が最近購入したハイエンドスマホの
購入から無想転生導入までの教科書となっております。(全5部構成)
今回は、Magiskの導入以降の3部を直リンク貼らせて頂きました。
圧倒的に画像がない、個人用メモのような内容ですが、
ご自身でそれぞれ調べて頂ければなんとかなるかと思います。
最後に、もし何かあったときのちょっとしたポイントについて。
Nexus5の端末、電源と音量上の長押しで強制再起動。
電源と音量上下全てを長押しで強制電源OFF。
USBデバッグモードがONになっていれば、PCのNexus端末用のソフト、
Nexus root kitで本体ROMの焼き直しも可能。
全て検索してわかったことなので、検索すれば世の中なんとかなります(笑)。ということで、自分用のメモがてらの記事は以上になります。ちなみに、当初の課題のポケモンGOなんですが、無事認証通りましたよ!最後まで閲覧頂き、ありがとうございました。

とにかくコスパに優れた端末。
注意点はSIM無運用する場合、テザリングが機能するかが問題。
自宅だけで完結するならよいと思う。

 

1,500円以上のお買い上げで送料無料!通販ショップの駿河屋
ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋




 

 

位置偽装?そんなもの私には見えない!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました